calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

入会10名以上達成したら焼肉食べに行こうと思います

JUGEMテーマ:パソコン教室

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

春に向かって、パソコン教室は新規入会者が多くなる季節。

新学期、就職を控えた学生さんが入校したり、温かい季節がやって来て何か新しいことを始めたいと思っている人たちが入校したりする季節だ。

 

ただ新規入会が増える季節と言えども、何もしなくとも生徒さんが勝手にやってくるという訳ではなく、それなりの広報活動をしておかないとなかなか新規入会が増えないのは事実。

当然の事ながら、我がスタディPCネット大分高城校も新規入会者獲得のために手を打つ事とした。

 

パソコン教室のイメージからすると、広報活動として一番最初にイメージされるのがホームページだの、Facebookだの、LINEだのといったネット広告。

当然の事ながらネット広告にもそれなりに力を入れていいるのだけれど、ネット系の広告で来校した方はうちの教室では50%程度。残りは、「チラシを見た」、「看板を見た」といったアナログ広告だ。

 

「いまどきアナログ?」なんて思う人もいるかもしれないが、よくよく考えてみるとパソコン教室という特性上、アナログ広告がそれなりの効果を発揮しているのは当然と言えば当然だと最近は思っている。

 

そもそもパソコン教室はパソコンが使えない人、インターネットが使えない人、スマホが使えない人がやって来る場所。

パソコン、インターネット、スマホが使えない人がホームページやFacebook、LINEなんて見るはずがないというか見る事が出来ないのだ。

ネット広告で来校する人は、少なくともスマホが出来てグーグルで検索くらいは出来る人。

それくらい出来ないとスタディPCネット大分高城校のホームページを閲覧する事は出来ないし、電話番号や住所を調べて教室に来ることも出来ない。

 

そう考えると、アナログ的な広報活動はやはり重要という事で、今週後半より近隣にキャンペーンチラシを撒く事とした。

入会金0円、5000円キャッシュバックを売りに作成したチラシで3月末までに10名以上の入会を目指してみようと思っている。

 

入会10名以上達成したら焼肉食べに行こうという誓いと共に、結果を待ちたいと思います(笑)

 

★このチラシ、果たして当たるのか!?

パソコン教室スタディPCネット大分高城 新入会キャンペーン


2019年はスタートしましたが・・・

JUGEMテーマ:パソコン教室

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

気がつけば、2019年もスタートして早十日・・・

年末からの怒涛の忘年会ラッシュっと、教室の年末追い込み業務の追われ、ブログの更新をすっかりサボってしまった。

基本的に自分に甘いワタクシ。

なんやかんやと理由を付けてはサボってしまう自分にホトホト呆れる事も多いのですが、そんな自分に嘆いてばかりいても事態は好転しないので、ここは根拠もなく今年も前向きに行こうと思っているしだいでございます。

 

それはさておき、昨年末の事。

仕事で使っているモバイルPCが突然故障してしまいました。確認すると、どうやら電源は入っているようですが、画面に何も表示されない。

何度か電源のオン・オフを繰返すと、偶にPCメーカのロゴが出る時があるのですが、最終的には画面には何も表示されずにパソコンが起動している事を知らせるLEDの小さな白色灯だけが光っている状態。

そんなわけで年明け早々にメーカのサービス窓口に電話して、修理をしてもうらう事となりました。

 

修理を依頼する際、「修理から返却までってどれくらいかかりますかねぇ?」と聞いたところ、答えは予想通り「通常2週間から3週間からですねぇ」との回答。

メーカに電話をしたのは1月4日で未だ教室は休みだったのだが、休みが明けるまではあと3日。

教室の休みが明ければ当然パソコンを使っていろいろと業務をせねばならないわけで、いつも使っているパソコンが無いからといって仕事をさぼる訳にもいかない。

仕方がないので、生徒さんへの貸出し用に準備していたパソコンを使ってしばらくは業務をする事とした。

 

業務をするには、パソコンの設定を業務用にセッティングしなければならない。

オフィスソフトは入っているので問題ないが、ファイルを共有のOneDriveも設定しないと教室のデータにアクセスできないし、よく使うソフトも可能な限りインストールしておかないといけない。当然、メールも読めるようにしておかねばならない。

そんな設定をレッスンの合間に行っていた仕事初めからの2日間だったが、昨日メーカから電話があり。

 

「修理の方が完了したので、今から発送します」

 

との事。

 

修理が終わったパソコンは、本日無事に手元に到着。

当初2〜3週間は返ってこないと思っていたパソコンが早めに返って来てくれた事は嬉しいのだが、せっかくセッティングした代替パソコンの方は、本日セッティング完了、明日から初期状態へ復元となってしまった。

 

結局、仕事初めから3日間。

パソコンのセッティングしかしていないような気がするのだが、良いのだろうかと思ってしまっている2019年のスタートです。

 

こんなワタクシですが、何はともあれ今年も宜しくお願い致します。

 

★帰って来てマイパソコン!

パソコン教室オーナーのひとり言|帰って来たマイパソコン


簡単なんて思ってなめてかかると痛い目にあいます・・・

JUGEMテーマ:パソコン教室

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

本日(12/2)は、朝からロボット教室だった。

11月は各種イベントへの参加などもあり、11月分のロボット教室の最終日が一昨日の11月30日。

中1日にて12月分の教室が始まる形となった事から、子供たちに見せるためのお手本ロボットの製作が昨日までに完了できず、教室開講当日の本日朝からロボット製作を開始した。

お手本ロボットの製作が開講直前となってしまった事で、実は当初、お手本ロボットの製作を見送ろうかと思っていた。

異なるロボットとは言え、これまで何体もお手本ロボットを製作してきたし、それなりのコツは掴んでいる。

正直なところ小学生が見てわかるレベルの組み立て説明書なんて、その場で読みながら対応したってどうにかなるだろうと思っていた。

 

ただ、ちょっとばかり朝、余裕が出来てこともあり、「まぁ今月半ばには改造ロボットの製作もしなくてはならないし・・・」と思い、お手本ロボットを作るというよりも自分の先々の仕事を楽になせる事を目的に朝からロボット製作を開始した。

 

開講時間(10時)を考えると、事前にロボット製作が出来る時間は30分。

これまでの経験もあるので20分もあればロボット完成するだろうと思い製作スタートしたのだが・・・

 

製作から20分経ってもロボットは完成しない・・・

そればかりか、完全になめていたロボット製作のテキストに記載している意味と言うか、指示が良く理解できない。

写真を見て手で持っている部品と照らし合わせるが、なんだか違和感があってしっくりこない。

 

完全に焦り始めたワタクシ。

刻々と迫る開講時間に急かされながら、四苦八苦。

 

「もうダメだ!」と思ったその瞬間、偶然にもロボットと説明書を見て間違いに気が付く。

なんとか気がついたおかげで、時間内にロボットを完成させる事が出来た。

 

ワタクシが四苦八苦していた部分は、実は今日教室に来た子供たちも製作中に悩んでいた。

そんな子供たちを見て私は、「良くここのところ見直しなさいよ」と余裕しゃくしゃくで答えたのだが、もし事前にお手本ロボットを作っていなかったらと考えたら、ちょっとばかり冷や汗が出てきた。

 

やっぱり、何事もよく考えもせず簡単なんて決めつけちゃダメ。

ちゃんと経験・体験してから判断しないとねぇ。

 

そんな事を思った12月最初の日曜日でした・・・

 

★このロボット製作に、ちょっとばかり四苦八苦しました(汗)

ヒューマンアカデミーロボット教室@スタディPCネット大分高城校のアルペンくん

 

 


結局のところ、時間に余裕があってもなにもしないだな・・・

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

10月以降、生徒さんが急に増えたり、教室外の仕事が入ったり、ありがたい事だがバタバタとしてしまった。

目の前の業務を処理するのに手一杯になり、ちょっと先の仕事が出来ていない状態。明らかに教室を運営している立場としてはダメダメなのだが、目の前の業務にだけ目が向いてしまい先の事が考えられない状況が暫く続いた。

 

こんな状況なので、11月の仕事は忙しかった感はあるものの、実際問題何をやったのかがあまり頭の中に残っていない。

手帳の記載内容もいい加減で、見直しをしても何をやっていたのか思出せない状況。

 

さすがにこりゃダメだと思い、少しばかりココ2か月くらいの仕事、生活を見直してみる事とした。

 

ココ2か月、確かに仕事は増えた感じではあるのだが、ちゃんとデータを整理してみると教室の平均稼働率の変化は数%程度。ピーク時と比べても、実のところ大きな差はない状況だ。

 

では、なぜ忙しさを感じるのか?

 

よくよくデータを見てみると、以前よりも生徒さんが集中する時間帯が曜日ごとにいくつかある事が分かった。

全体の稼働率が大きく変化していない事を考えると、生徒さんが集中する時間があるということは、逆に生徒さんが少なく余裕のある時間が存在するという事だが・・・

 

実はピーク時に右往左往して疲れたことを理由に、余裕のある時間に休み休み仕事をしている。

生徒さんが来る時間帯が集中する事で逆に時間的な余裕が出来てしまい、結果的にダラダラと仕事をしてしまっているだけだということが教室の稼働率データから見えてきてしまった。

要は自分は忙しいと思い込み色々とやる暇がないと思っていたが、実のところ時間は逆に以前よりもあるのにその時間を有効に使っていないという事だった。

 

私の様に自分に甘い人間は、時間がたくさんあると思うといろんなものを先延ばしにしてしまう。

先延ばしにしているうちに次の仕事が始まるから、何もやらず宿題だけが増えていく感じになってしまう。

 

よくよく考えると、毎日いろいろとやる事があって、休憩する時間もないほど忙しいときの方が人間は無理やりでもやりたいことのために時間を作って集中して行動するような気がする。

逆に忙しいと言いながら、合間合間に妙な休憩時間があったりすると結局は最低限の事しかやらず、あとから「忙しかったから出来なかった」と言い訳をしてしまう。

 

確かに「今日は飲み会!」、「でも、この資料は今日中に完成させる必要あり!」なんて場面がこれまで幾度となくあったが、不思議と殆どの場合飲み会にも送れず資料も完成していたなぁ〜。

心のゆとりは必要だけど、暇な時間なんて妙にあったりすると人間なんてきっと何もしないんだと思う今日この頃です・・・

 

★今日は先延ばしにせずに仕事に没頭中です(たぶん)

今日は先延ばしせずに仕事に没頭中です

 


パソコン教室オーナーの独り言「年賀状講座の次・・・」

JUGEMテーマ:パソコン教室

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

今週で11月も終了。

週末には12月へと月が替わり、いよいよ2018年も師走に突入する。

 

パソコン教室にとって12月は、生徒さんに年賀状作成をおススメする季節。

スタディPCネット大分高城校でも既に、多くの生徒さんが2019年用の年賀状作成を始めている。

 

ただここ最近、若者だけでなくご年配の方々でも年賀状はもう出さないと仰る方が増えてきていて、パソコン教室には通えど、年賀状作成はやらないと言う方も増えてきている。

 

日本の風物詩でもある年賀状が、徐々に消えていく事に関しては個人的な気持ちとしては残念な面もあるが、ある意味自分が教えているパソコンやタブレットなども年賀状衰退の片棒を担いでいる事を考えると、ちょっと複雑な気持ちだ。

そして何よりも、年賀状衰退の片棒を担いでいるパソコン教室が12月に年賀状講座をやっているというのは、冷静に考えるとちょっとおかしい様な気もしてしまう。

 

まぁ、パソコンを使う事で、自分で撮影した写真を簡単に年賀状に入れたり、オリジナルの絵柄を作成したり等々、パソコンを使うからこそ出来る年賀状作成もあるので年賀状講座については暫くの間は続いていくのだろうとは思っているが、その講座への参加者は年々減っていくであろうことは理解しておかないといけないと思っている。

 

そうなってくると、12月にパソコン教室として次にやるべき講座は何なのか?

 

昨日あたりから考えているが、実のところ大した案は今のところ浮かんで来ていない。

と言うよりは、「12月=年賀状」の図式がどうしても頭から離れない・・・

 

う〜ん、困った。

最後は公募で決めようかと思っている今日この頃。

何か良い案あったら教えてくださいねぇ〜。

 

と結局のところ、他力本願の私でした・・・

 

★とりあえず今年は年賀状とカレンダー作成で乗り切る予定(汗)

スタディPCネット大分高城校の年賀状講座

 

 

 

 


パソコン教室オーナーのひとり言|食わず嫌い・・・

JUGEMテーマ:パソコン教室

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

今年の夏から、月曜日の午前中に大分市の明治公民館でパソコンレッスンの依頼を頂き対応している。

基本的には、4週かけてワードの基礎をやって、次の4週ではエクセルの基礎を実施。

その次は、またワードに戻って同じく基礎だが課題を変えてやって、次は同じようにエクセルで課題を変えてといった具合にサイクルを組んで暫くの間レッスンを続けるというのが当初の予定だった。

 

自分のパソコン教室でレッスンををする場合は、レッスン用パソコンがインターネットにつながっているため、ワードではインターネットから画像を検索して取込んでみたり、インターネットに特化したレッスンも出来たりするのだが、今回の公民館レッスンではパソコンが各生徒さんの持込であるうえ、パソコンはあれども家にインターネット環境はないという方もいらっしゃった関係もあり、インターネットを使用する内容には触れずに10月までレッスンを行っていた。

 

ところが、今回公民館レッスンのお話しを頂いた公民館の職員の方から、「インターネット講座をやって欲しい」旨の依頼があり。

聞けば、いろいろな手続きが昨今はインターネット経由で行えるようになっていたり、場合によってはインターネットでしか出来ない手続きもあったりするのだが、いかんせんインターネットに関心の無い人からすれば、インターネットの意味も分からなければ、分からないから当然必要性も感じない。「訳の解らぬものにお金を出すなんてもったいない!」という事で、パソコンがあるのにインターネットにつながっていない人がかなりいらっしゃるとの事。

 

とりあえず講座は引き受けるという事で、先週(11/5)と今週(11/12)インターネット講座を開講する事となり対応した。

 

だが自分で講座をやっておきながら言うのもなんだが、インターネット講座ってなんだか違和感ありあり。

「インターネット講座」なんていうと、インターネットとワードやエクセルが同じ類のものに分類されてしまっている様な気がする。

インターネットを使って、いろんなことが出来るだけに、講座となると何を教えて良いのかも分からない部分もあるし、やろうと思えば何年でもネタがある(自分が全部教えられるのかは別にして)。

 

結局はインターネット講座なんて言いながら、主たるはブラウザの使い方とグーグル関連サイトの便利な使い方、無料ラジオ、無料ゲームなんかの紹介といった内容になった。

 

ただ、そんな内容でもインターネットを使ったことない人たちからみると、それなりの衝撃が走ったらしい。

パソコンがインターネットにつながっているだけで、自分の家の写真がマップから出てくるだの、ラジオも聴けるだの、動画も見れるだの・・・

レッスンが終わったときには皆さん口々に「便利ねぇ〜」と仰って、「うちもインターネットつなごうかしら」なんて言われる方までおられました。

 

結局のところ、言葉として正しいのかは微妙ですが、人間って食わず嫌い的な部分があって、知らないものにはなかなか手を出そうとしないんだけど、実際食べてみたら美味しかったというような感覚がインターネットにもあるのかなぁなんて思ったりもして・・・

 

自分も食わず嫌いにならずに、新しいもの食べてから判断しないといけないなぁ〜と。

 

因みに私はイチゴジャムが嫌いですが、それはちゃんと食べてから判断していますからね!

お間違えなく・・・(どうでもよい話しですが)

 

★インターネット講座のレッスン資料作成は大変でしたが、レッスンの方は好評で苦労が報われました。

パソコン教室スタディPCネット大分高城校のインターネット講座

 

 


美味しいお酒が飲みたいから、がんばれホークス!

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:スポーツ

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

本日は日本シリーズの初戦。

ホークス vs カープの開幕戦だった。

 

例年なら当然のごとく早々に帰宅し、ビールやつまみの準備をして決戦に備えるシチュエーションではあるが、今日はなんだか無性に肉が食べたい衝動に駆られる。

 

衝動に駆られたまま中途半端な気持ちでホークスを応援するのも悪いだろうということで、本日は焼き肉にを食べに行くこと決意!

 

今夜の食事は焼き肉と決まったところで、どこの焼き肉屋に行くべきかの迷いが生じる。

そうこうしていると、当校に通ってい頂いている生徒さん家の近くに美味しい焼き肉屋があるということをお聞きし、情報を頂いた生徒さんとスタッフ1名を引き連れ肉を食する事とした。

 

推薦してくれた生徒さんの言う通り、そこは美味しい焼き肉天国!

タン、マクミ、カルビ、ハツ、センマイ、ミノなどを食し、楽しい時間を過ごさせていただいた。

 

そんな楽しい時間を過ごしていると、気が付けばあっという間にラストオーダー(10:30)。

個人的にはもう少し飲みたしたい気分はあれど、初めてくる焼き肉屋さんでワガママなことを言うのもどうかと思い、素直にラストオーダーの問いかけを受け入れ「もう大丈夫、おあいそお願いします」なんて答えてしまった。

 

何はともあれそんな感じで、焼き肉パーティーは終了。

お店にて代行をお願いし、会計から20分を過ぎたところで代行にて帰宅の途につき、自宅に帰り着いたのは、10時50分過ぎごろ。

帰宅したらすぐに、気になっている日本シリーズの結果を見ようとテレビをオン。

そうしたら、なんとびっくり!

すでにプロ野球関係のニュースの時間帯なのに、「日本シリーズ第1戦まだ終わってねぇじゃん!」。

 

結局、日本シリーズ第1戦は、結局引き分けで終了。

残念なような良かったような、なんとも曖昧な気になる結果となったが、その分両チームは力が拮抗していて良い試合になるのではないかと個人的には考えてしまう結果。

このまま接戦で引き分けが続くと、チャンピオンが決まらぬままシリーズが終了するのではないかと、無駄な心配をしてしまうほどだ。

 

何はとあれ、ホークスファンのであるワタクシの日本リース予想は、4勝2敗1分けでホークスの勝ち!

さて、結果はいかに!?

 

来週末に美味しいお酒が飲めるように、「がんばれホークス!」

→セリーグでは、広島が好きですけど・・・

 

★初戦の引き分けをどうみるか?

美味しいお酒が飲みたいから、がんばれホークス!

 

 


あまりの恥ずかしさに言葉が詰まるような気分だが・・・

JUGEMテーマ:ビジネス

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

サラリーマンからパソコン教室のオーナーになって、一番大きな変化は私自身の呼ばれ方。

 

勤め人時代は、基本的に役職が付いても会社として役職名では呼ばないという方針もあったので、名字で呼ばれることしかなかった(当たり前の事だが)。

 

ところがパソコン教室を始めてインストラクターなんかをやっていると、教室に来ている生徒さんからは「先生」と呼ばれる。

まぁ、これも教室という空間を考えると当たり前と言えば当たり前だが、個人的にはなんだか恥ずかしいというか、照れくさいというか・・・

 

基本的に教室に習いに来る生徒さんはパソコン経験が浅い人が多いので、基本的なことから習い始める。

当然分からないところもあるので、それらに対して説明をして理解してもらうように努める。

 

説明を受けた生徒さんは、その場では理解していても時間が経つと忘れてしまうこともあり、本人も気づきながら同じ質問をする場合が多々ある。

当然、何度でも理解してもらえるように説明をするのだが、何度か同じ質問をする生徒さんがよく仰るのは「覚えが悪くてすいません」だったり、シニアの方などは「年取るとなんも覚えられん、ボケちょんわぁ(大分弁)」などと言った言葉。

 

確かに生徒さんからすると、教えてもらっていながらなかなか覚えられない自分はダメだなぁと感じてしまう部分もあるのかもしれない。

だけどよくよく考えてみると、生徒さんは教室に来てもせいぜい週に2〜3度。

1回当たりのレッスンでパソコンに触れる時間は、1〜2時間程度。

もちろん、家に帰って予習や復習をされる方もいらっしゃるので、もう少し多くの時間パソコンに触れている方もいらっしゃると思うが、仕事で常時パソコンを使わない限りその時間は恐らく殆どの人がテレビを見ている時間よりはるかに少ないはずだ。

 

一方こちらはと言うと、会社に入って以来、会社でパソコンを含めてコンピュータに触れなかった日なんて恐らくゼロ。

家に帰ってからも、パソコンに触れていたし、休日だってパソコンに触れていた。

気が付けば、30年近くパソコンなり、その他コンピュータに触れ続けている。

 

そう単純に、触れている時間が圧倒的に生徒さんより多いだけで実は能力的には大差ないし、負けているなぁと思う生徒さんもたくさんいらっしゃる。

 

そんな自分が、「先生は凄いなぁ〜」的な視線と言葉を教室で受けると、やはりなんだか恥ずかしいし、照れくさい。

 

あまりの恥ずかしさに言葉が詰まるような気分で毎日レッスンをこなしているが、なぜかうちの生徒さんは口を揃えたように

 

「先生は、よくしゃべりますねぇ〜」

 

と仰っている。

 

なぜだろう???

これは私にとって、教室七不思議のひとつだと思っているのだが・・・

 

★パソコンの後ろに隠れる人形は、まるで教室の私のよう!?

大分のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のオーナーブログ写真

 

 


今宵も気合の空回り中・・・

JUGEMテーマ:ビジネス

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

今「あなたは何の仕事をしていますか?」と私が聞かれると、「パソコン教室のオーナーをやっています」と答えている。

 

まぁ、私の職場はパソコン教室「スタディPCネット大分高城校」なんて屋号になっているので、自ずと答えはパソコン教室のオーナーとなるわけだが、実はしっくりとはいっていない。

 

教室ではワードやエクセルなどの定番ソフトの講座をもちろんやっているが、いま自分が携わっている仕事を考えると偶に「うちは何屋だろう?」なんて自分でも思ってしまう。

 

実際のところ普通のパソコン教室以外にも、いろんな会社のお手伝いをさせてもらったり、名刺作ってと言われれば作るし、仕事の相談に乗ってと言われれば乗ったりしている。

子供向け向けにはロボット教室もやるし、最近は教室のシニアの方とドローンの練習なんかもしている。

お金になるか否かは別にして、とりあえず自分が出来る事、自分の教室の設備を使って出来ることは可能な限り受けている。

 

なんでそんな対応をしているかと言うと、正直にって普通のパソコン教室やっているだけではこれから先ダメだと思っているから。

 

ネット環境も整っている今の時代、そもそもわざわざ教室まで来てパソコンを習う意味はどこにあるのか?

遠隔授業だって出来るし、ビデオ学習でもそこそこ充実している。

こんな状況の中、ただ決まったレッスンをこなすだけのただのパソコン教室なんて何の魅力もない。

 

だから教室を運営するには、教室に来ることで得られる何らかの付加価値を付ける必要があると思っている。

 

教室の付加価値を何にするかについては試行錯誤の連続で、なかなかこれをやればという物は現時点では見つかっていない。

仮に見つかったとしても、新たな付加価値を探し変化していかないとダメだとも思っている。

 

だから今年中に、あと一つ二つはパソコン教室らしくない新しい講座をスタートさせたいと思っている。

来てくれる人にとって楽しくなる講座、続けたくなる講座にしたいと思っている。

 

そんなふうに考えているが、実のところは何をやるか現時点では???

毎度のことながら、今宵も気合の空回り中です(汗)。

 

★とりあえず、出来る事は手当たりしだいに実行中!

大分のパソコン教室スタディPCネット大分高城校は何でもやっちゃいます!

 

 


明日からきっと素晴らしい仕事ができる!?

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ビジネス

大分のパソコン教室、ロボット教室、プログラミング教室

 

仕事用のパソコンとして、Surfaceを使っていたのだが、ここ最近2、3時間連続て使っていると熱の影響か液晶画面が揺らぎ始め、最終的にはゴーストの様な状態になってしまい使えない状態になっていた。

 

修理することも考えたが、購入からすでに1年半以上経過して保証期間が過ぎている事、SSDの容量が128GBしかなく必要なデータをすべてパソコン内に取り込めていなかった事もあり思い切ってパソコンを新規で購入する事とした。

 

小さなパソコン教室にとって、パソコンを新規で購入するのはそれなりの負担。

金銭面だけを考えれば我慢して使うことも一つの選択肢だが、今回は敢えて新規に購入する事を選択した。

 

パソコンを連続で2〜3時間しか使えないと、まず自分のペースで仕事ができない。

資料を作りの調子が出てきたと思ったら画面が不安定になり、作業を中断せざるを得なくなる。

パソコンが使えない間は教室のパソコンを使って作業したり、雑用をこなしたりして自分のパソコンが復活するのを待つわけだが、時間に関係なく湧いてくるアイデアをすぐにまとめる事が出来ないので、アイデアをなかなか具現化する作業に入れない。もちろん浮かんだアイデアはメモに記録はするが、時間が経ってしまうと熱が冷めるというか作業に入るまでに時間がかかってしまう。

そして何よりも、自分の商売道具が思うように使えないというのはストレスが半端ではない。

 

そう考えると、損失額はパソコンの購入費どころではないと判断し、今回思い切って新規購入する事とした。

 

新規パソコンは、LENOVOのYOGA710。

すでにLENOVO直販では販売が終了している製品だが、Amazonで新品が70,000円で出ているのを発見し、お買い得感があったので購入した。

 

パソコンは、昨日(10/20)に到着。

本日午後から、初期設定、Officeのインストール、各種ソフトのInstallを実施。

現在、必要なデータの移行を行いながら、このブログを書いている。

 

さぁ、これで明日からパソコンが長時間使えない地獄から脱出できる。

地獄から脱出したことで、明日からきっと素晴らしい仕事ができるはず(たぶん、きっと・・・)

 

★間違いなく道具はよくなった・・・

大分のパソコン教室スタディPCネット大分高城校に新しい道具を導入

 

 


| 1/35PAGES | >>